不動産

自然に囲まれる

家族の健康を守るための安らぎの家づくりを行なう

不動産

日本は古来より、自然素材を使った一戸建てが主流となっていました。それだけ日本が、豊かな自然に恵まれていたということを意味していますが、近年は合成された建材が主流となっています。これは、建材として使えるだけの立派な材木が、全体の割り合いとして減っているという事と、合成された建材の方が、在庫管理や品質管理がしやすいと建築業者などが考えているからです。しかし、合成された建材の場合には、化学薬品を使用しているために、小さな子供を中心としてアトピーなどに悩まされるケーも見られます。大野城で注文住宅を建てるのなら、小さな子供を守ることの出来る、自然素材の建材を使った一戸建てが一番のオススメと言えるでしょう。

古い民家の建材を使って効率よく一戸建てを建てる

しかし、一般的に考えると、大野城で自然素材の建材を使って注文住宅を建てると、合成された建材を使って大野城に注文住宅を建てるのに比べて、割高になってしまうため予算オーバーとなってしまうでしょう。ところが、古い民家を解体して自然素材の建材を再利用して大野城に注文住宅を建てる方法であれば、合成された建材を使用するのと、そう大きな違いのない予算で建てることが可能になります。とりあえず、全ての建材を再利用するのは無理としても、再利用した自然素材の建材と、新規で購入した自然素材の建材を組み合わせて、家族の理想の一戸建てを建てることが可能になるのです。そうすれば、小さな子供にとっても、そして一緒に暮らす家族にとっても、安全で安心出来る理想の一戸建てを建設することが出来るのです。